メインイメージ画像

会社の求める自分の価値を伝えよう!

順調に年数が経って今の業種もいいけど、ずっとやってみたいと諦めきれない職種に転職を決めた時、経験がないだけに特に面接の時にはどのような事を質問されるのか不安かもしれません。そのような場合でも返答の仕方によって、良かったり悪かったりなります。専門的な知識を身につけたい場合、「前職では専門的な知識が身につかず」などと言うと、「取り組み次第では、どんな業務であっても専門性は修得できる」と思われてしまうでしょう。「知識を修得したいと思いまして、独学で勉強してそれを業務に役立てながら、さらにスキルを磨きたい」とか、ポジティブに自分で活動をしているといった、やる気をみせる事が重要だと思います。

新卒の面接に比べ既卒者向けの面接では、志望動機が大事です。それはなぜかといいますと前職をやめて受けに来たので、何かの理由を気にしているからです。万が一前職が嫌でやめた場合も、ネガティブ表現をするのはよくありません。職場の雰囲気に慣れずやめる人は入社しようとも長期間続かないからです。

志望動機はキャリアップの為の転職だと、説明しましょう。面接に受かれば転職してからどのような部署に行きたいかをしっかり述べましょう。

ライバルに勝ち転職の面接にパスするには、会社の基本知識は必須でしょう。転職の面接には同じ職種に興味のある、同レベルの人が殺到します。

ですからそのような面接者の中から目立つには、他人に差をつける必要があります。企業の基礎知識はもちろんの事、他人は知らない内容も知っていたならば、面接官にアピールすることができます。面接者の本気度が伝わり、合格につながるといってよいでしょう。